進路

◇進路指導方針◇
・本人・保護者の願いをもとに、一人ひとりの能力や適性等に応じた進路決定を支援します。
・総合デザイン科では専門教科、普通科職業コースでは、職業の授業を通して、就労意欲と技術の向上を図ります。普通科基礎生活コースでは、職業や生活スキルの授業を通して、自立と社会参加ができるようにするための力を身につけていきます。
・職場実習を定期的に行います。評価を受けた課題は、学部全体で情報共有をし、一貫した指導を行います。社会人として必要なマナーやコミュニケーション能力の育成にも力を入れています。
・関係機関との連携を図りながら、移行支援会議やアフターケア(卒業後の職場定着支援等)を行い、円滑な社会移行・就労移行に努めます。
———————–
◇進路の特徴◇
卒業生は「障害者雇用促進法」に基づき関係諸機関との連携を図りながら、多方面へ就労しています。
ヘア系(旧理容科)の卒業生の多くは、先輩の理容店で研鑽を重ねて店舗開設・自立を目指しています。他業種へ就労している人もいます。
進学指導にも力を入れています。筑波技術大学、国立職業リハビリテーションセンター(吉備高原・埼玉)、専門学校、大学など、進学希望に合わせた学習指導や補習を実施し、個に応じた目標を達成できるようサポートしています。
———————–
◇おもな進路関係行事◇ 令和2年度
※新型コロナウイルス感染症対策のため、例年の予定とは異なる場合があります。
1年
進路アセスメント(10月) 職場見学(9月)、
ジョブフェア(11月)、個別職場見学(必要に応じて)

2年
普通科職業コース・基礎生活コース職場実習
(10月・2月、2週間)
職場見学(9月)、個別職場見学(必要に応じて)

3年
前提実習(6月から随時)、面接練習、移行支援会議

専攻科 ※令和2年度は在籍者がいないため、参考
ハローワーク進路相談会(求職申込)、
前提実習(6月から随時)、面接練習、移行支援会議

全体
職場実習事前一斉指導 (職場実習前)
職場実習発表会(2学期末)
大学・専門学校等の見学・体験入学(必要に応じて)
卒業生との懇談会、事業所によるキャリア教育
(隔年で年1回実施)
令和2年度は、事業所によるキャリア教育を実施(9月)
———————–
◇職場実習の様子◇
聞こえや本人の実態から、危険性等を職員が事前に見学し、十分に検討した上で実習先を選定しています。また、生徒の配慮事項については前もって職場の方に説明しています。
職場実習の事前学習では、職場実習の目的やマナーについて指導をしております。
卒業後を見据え、できるだけ生徒の居住地域にある適切な事業所で行います。
———————–
◇進学について◇
生徒の希望や適性に合わせて大学・短大、専門学校等への進学に対応します。
進学を希望する人は各コースの進学Ⅰ系または進学Ⅱ系を選択し、2年次から計画的に進路・進学指導を進めます。進学補習・校外模試・大学説明会・オープンキャンパスなどを通して、さまざまな情報を得ながら進路希望先を決定していきます。
———————–
◇卒業生の進路(主な進路先)◇[R2.11現在]
<就職>
アイシン・エイ・ダブリュ  豊田自動織機
岡山医療センター  岡山大学グッドジョブ支援センター  サンワサプライ  セロリー  デンソー勝山
平林金属  ブティック創  三菱自動車工業株式会社  山本水産運輸株式会社
両備トランスポートカンパニー株式会社
おるてっく  瀬戸内工房  のぞみ
はじめのいっぽ~輝~  よろこび  LEAP JAPAN

<進学>
国立大学法人筑波技術大学
国立吉備高原職業リハビリテーションセンター
国立職業リハビリテーションセンター(埼玉)
筑波大学附属聴覚特別支援学校専攻科歯科技工科
倉敷ファッションカレッジ専門学校
大阪ホテル専門学校

<理容関係>
卒業生の店舗開設数は、80店舗を超えています。
ほとんどの生徒は先輩の店舗に就職し、技術を磨き、
経営方法を覚えて独立しています。また美容師や一般
企業へ進む生徒もいます。

コメントは受け付けていません。