普通科・総合デザイン科

H28年度から長い歴史をもつ3学科から普通科(知的障害特別支援学校の教育課程)と総合デザイン科(=準ずる教育)に改編されました。
また前後期制になりました。

<<<総合デザイン科>>>

産業デザインコース  ファッション・ヘアデザインコース
類型(選択科目のセット)を選ぶことで進学にも対応します。

聴覚の単一障害の生徒に対応するため、高等学校に準ずる教育を行う職業に関する学科。専門高校である。
第1学年前期に職業に関する基礎的な学習を行い、第1学年後期から希望により2つの類型及び系を選択できる教育課程を編成して教育を行う。

〇産業デザインコース
木工製作等ものづくりを中心とした学習を行う。

〇ファッション・ヘアデザインコース
服飾・理容等ファッションを中心とした学習を行う。
・各コースに進学Ⅰと進学Ⅱの系を設けて筑波技術大学や私立文系大学への進学をめざす。

リンク<H28総合デザイン科専門教科関連表

<<<普通科>>>

職業コース  基礎生活コース

聴覚と知的の重複障害のある生徒に対応する知的障害特別支援学校の教育課程による学科。
〇職業コース
就労を目指し、木工、被服、清掃、農業等の実習を中心とした学習を行う。また、国語・数学などの教科学習もしっかりと行いながら、一般企業や就労継続支援事業所への就職を目指す。

〇基礎生活コース
日常生活の自立を目指した学習を行い、就労継続支援事業所等への就職を目指す。

H28高等部学科改編


学習について

本校の学習の特色は「一人一人の障害や能力に応じた指導の徹底」にあります。高等学校と同様に教科、科目の学習を行い、進学希望者には選択科目により、大学進学に対応しています。この他にも、少人数でのきめ細やかな学習指導、本人に適したコミュニケーション手段や視覚的支援による情報保障などを行っています。 また、将来の自立と社会参加に向けて、「自立活動」の学習を行います。一人一人の障害の状況をしっかりと把握し、それに対する「オーダーメイドの指導」を行っています。

学校生活について

「学校生活のきまり」に従い、一人一人の生徒が、お互いの人格を尊重し合いながら、知識を深め、心身をきたえて、人間的に成長できることを目指しています。特にあいさつや言葉遣い、服装など社会参加に向けた自主自律的生活態度の育成に力を入れています。 生徒会活動や体育祭・学園祭など、学年の枠を超えた活動や他の学校との交流会などを通して、さまざまな人とかかわりながら、個人として、集団として成長するなかで充実した学校生活が過ごせます。

本校の進路指導・キャリア教育

生徒の適性にあわせて、職場実習、職場見学や卒業生との懇談会、職場実習発表会などを通して、学んだことを社会的自立に結びつけられるようキャリア教育を進めています。 進学希望者には補習や校外模試などを行い、学力向上に重点を置いて指導しています。進路先はこちらへ。

〇〇さらにくわしく・・・〇〇

学科改編の背景及び趣旨
・生徒数の減少と聴覚障害と知的障害の重複障害生徒の増加に対応した教育内容とする。

・聴覚障害の実態や特性、聾学校の専門性を継承しつつ、産業社会のニーズに対応して卒業後の進路保障を行う。

・障害の程度やニーズに応じた学習の幅を拡大する。

——————————————————————————————————–

H28.4~(旧3学科は平成27年度入学生までで募集停止)
(学科名)      (類型)        ( 備考)

本科

普通科————–職業コース

普通科————–基礎生活コース

総合デザイン科  産業デザインコース———産業デザイン系
———————–同上——————————-進学Ⅰ系
———————–同上——————————進学Ⅱ系
 総合デザイン科 ファッション・ヘアデザインコース
———————–同上——————————ファッション系
———————–同上——————————進学Ⅰ系
———————–同上——————————進学Ⅱ系
———————–同上——————————ヘア系

コメントは受け付けていません。