乳幼児教室 支援の様子(2017)


「ママ、もっと しゃぼんだま ふいてー。」

大きな しゃぼんだまが できるかな。


ママの おひざは あったかい。
 ママの おてても あったかい。
  さわって もらうと きもち いい。


ママが 呼んだよ。
 「○○くーん、おいでー。」

 「はーい!」
  やさしい ママの顔が 待っていたね。


ママと 一緒に おさんぽ。

「いってきまーす。」


うたが きこえたよ。
ママが おどってる。
わたしも おどってる。
とっても たのしく なっちゃうね。


なつの プールは きもちいい。
プールの なかから
 だいすきなカードを さがしたよ。 
   アンパンマンも みつけたよ。


夏休みの開放日は、親子で水遊びやパフェ作りをして過ごしました。普段なかなか会えないお母さん同士が出会え、仲良くなれましたね。お母さん方も座談会でおしゃべりが弾み、お互いの情報交換もして、夏の暑さを忘れたひとときを過ごしました。


保護者研修会で、グループに分かれて難聴の擬似体験を行いました。聞こえづらさがあると聞くことを諦めたり、孤独感を感じたりすることや、わかるように伝えてもらうことで、わかる喜びを実感できたなど、たくさんの感想を出し合いました。難聴者の立場になってみるって大切ですね。

コメントは受け付けていません。